2005年10月26日

自閉症の絵本ふたつ

定型発達の子どもたちに自閉症のことを知ってもらうために作られた絵本を紹介します。実物を取り寄せて見たわけではありませんが、表紙の画像を見ると、いずれも、英語とスペインの両方で文章が書かれているようです。

発行しているのは、コミュニケーションに困難のある子どもたちに関する書籍を出しているテキサスの会社です。


Keisha’s Doors [ケイシャのドア] は、幼い妹が自閉症であることを姉の視点から学んでいく物語です。



Tacos Anyone? [タコスはいかが?] は、4歳の弟マイケルの風変わりな行動を理解できないトマスの物語です。セラピストがトマスに、相手のしかたや遊びかたを教えてくれます。

posted by iRyota at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。