2005年10月14日

NY: サーフィンで癒し

秋も深まってきましたが、夏を振り返る写真です。

イズレールさんは、サーフィンの競技会で腕をならしたお父さんです。感覚過敏に苦しむ自閉症のお子さんを海に連れてきて、一緒にボードに乗り、とても楽しい体験をしました。普段はどう接して良いか分からないお子さんでも、ボードに乗って海に出れば、親子で一体になれることに気づきました。


お子さんにも深い影響があり、同じことを沢山の自閉症児たちにも楽しんでもらおうと、仲間のサーファーたちに協力を呼びかけて始まったのがサーファーズ・ヒーリングです。


今年は9月9日、ニューヨーク州ロングビーチで開かれました。写真はクリスティン・ヘーレンさんによるものです。サーフィンで自閉症が治るわけではないと思いますが、楽しそうな親子の様子をご覧下さい。


主催者の頁



宣伝のヴィデオ (ウィンドウズ・メディア・プレイヤー)


posted by iRyota at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今年VAで参加しました!とってもすばらしい経験でしたよ。
話せばわかる次男はさておき、言ってもわからない長男は海で大パニックを起こしました。波の感覚がいやだったようです。でも主催者側のとってもスムーズな(ほんとです!感動しました)案内のおかげで、あれよ、あれよとサーフボードへ乗せられ、沖へ連れて行かれました。そして3回のライドが終わったあと、あれほど泣いて嫌がった海で自分から入っていったのです。
彼が楽しむ為には、たくさんの人の手が必要ですが、そういう機会を提供された長男は、とてもよい時間を過ごすことが出来ました。感謝しています。当然来年も申し込みますよ!
Posted by カイカイのママ。 at 2005年10月25日 05:57
NY州での写真が公開されていたので紹介したんですが、ヴァージニア州、カリフォルニア州など、各地で行なわれているようですね。体験者・目撃者の生の声は貴重です。ありがとうございます。
Posted by iRyota at 2005年10月26日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。