2005年10月12日

リスパダール: 効かないという報道、効くという報道

大人の自閉症者の多く、おそらく大半は、精神科で処方されるような薬を定期的に飲んでいるようです。その中で自閉症の薬として認可されているのはオーラップぐらいで、あとはほとんど目的外使用です。さらに欧米ではオーラップも自閉症の薬として処方されることはまずありません。

この種の薬で自閉症者に処方されることが多くなっているリスパダール (リスペリドン) について今年の5月、6月、7月に、少しずつ違った内容の記事がネット上で発表されました。読み比べてみると興味ぶかいです。


5月の報道は、自閉症の処方薬としてリスパダールの認可を申請していたジョンソン・アンド・ジョンソン社に対して、FDAがこれを却下したことです。この発表に影響されたか、ジョンソン社の株価は3セント下がりました。



6月の発表は、リスパダールの臨床実験を報告した論文の要旨です。論文自体は精神医学の専門誌に掲載されました。自閉症のさまざまな症状のうち、その中核とも言うべき症状に対するリスパダールの効果を中期的にわたって調べた物です ("Risperidone for the core symptom domains of autism: results from the study by the autism network of the research units on pediatric psychopharmacology")。こだわりに対して有意の効果があったけれども社会性に関して有意な改善は見られなませんでした。



7月のは、上記と同じ調査の結果を記者会見として公開したものです。対人関係には変化がなかったけれど、こだわりや攻撃行動が軽減され、危険な副作用もなかったという点が強調され、安全で効果的とされています ("NIMH Study Finds Antipsychotic Risperidone Safe, Effective As Intermediate Term Treatment For Autism")。危険な副作用は体重の増加ぐらいだそうです。



posted by iRyota at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家の場合、リスパダールは言葉の成長にとっても効果がありました。
しかし、長男は異常な体重増加やむくみ、女性化乳房などが現れましたので中止しています。(成人の場合、性欲減退とともに問題になっていますよね)
次男は排泄障害の副作用にかなり悩まされ、適量がなかなか見つかりませんでした。ただ、飲んでいることで落ち着くという点では、対人関係に間接的に関与されているんだなと思いました。
Posted by カイカイのママ。 at 2005年10月25日 06:03
これも貴重なコメントをありがとうございました。男子でも母乳が出るようになった例があるという話は聞いてことがあります。薬の文書には副作用の中でも危険なものしか載っていないことがしばしばあり、男子の母乳は危険な部類に入らないと考えられているのかもしれませんね。
Posted by iRyota at 2005年10月30日 07:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。