2005年10月05日

CAN: 自閉症の研究資金は親たちが集める

1995年、自分たちに何ができるか分からないが、自閉症の研究を加速させるためには資金を集めなければと考えた一握りの親たちがいました。お母さんたちが家庭で話し合い、ジョナサン・シェスタックさんとポーシャ・アイヴァソンさんが中心になって、新しい財団として始まったのが Cure Autism Now [今こそ自閉症の治療を] 通称CANです。最初の年に40万ドルを集めました。



この10年で、遺伝から生物医学、教育に渡る幅広い基礎的研究に、2500万ドルの資金を提供してきました。いまでは自閉症の研究者も当時の3倍いると言われますが、この財団の存在も、研究者の増加に貢献しています。



財団の代表を務めているのはサリー・バーナードさんですが、この財団が特に水銀関係の研究に力を入れているわけではありません。



勿論、ネット経由での寄付も受け付けています。



公式頁には明記されていませんが、この団体の地域支部は90年[代]から活発な集会を繰り返し、勉強熱心な親たちの出会いの場になってきました。


posted by iRyota at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック