2005年09月28日

キレート剤による必須ミネラルの流出

キレート剤の投与にあたって、必須ミネラルの流出を心配する声があります。どんな薬でも補助食品でも、使用する前に、その物質のことを充分に勉強しておくことが必要です。いくつかのキレート剤について、必須ミネラルとの関係をまとめてみました。

BALとペニシラミンについては危険すぎるので論外とさせていただきます。米国で自閉症児たちにキレーションを行なっている代替医学系のお医者さんたちでも、BALやペニシラミンを使っているという例は聞いたことがありません。

EDTAはカルシウムや亜鉛などの必須ミネラルを流出させます。このキレート剤は鉛中毒や動脈硬化に対して効果的ですが、水銀に対して効果的ではありません。



DMSAでカルシウム、鉄、マグネシウムなどの流出は有意に増えません。ただし、亜鉛の流出は2倍になります。亜鉛を充分に補給しつつ、適切な方法で少量投与を行なう限り、内臓を傷つけるような危険は無いと思います。処方薬として米国で販売されているDMSAの商品名は "succimer" と "Chemet" です。



アルファリポ酸、別名チオクト酸は、亜鉛と銅の流出を減らします。DMSAと併用することで、亜鉛不足の危険性をより減少させ、より効果的に水銀を排出できるはずです。チオクト酸に関しては日本語の古い文献も沢山ありますが、英語の資料へのリンクも一つ示しておきます。




posted by iRyota at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 重金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7184932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。