2005年03月31日

ブレインチャイルド社の栄養剤

個人的に利用した経験は無いんですが、米国の親たちのあいだでときどき話題になるブレインチャイルド社 (BrainChild Nutritionals) を紹介します。この会社を始めたのも親のかたらしいです。

何種類もの栄養剤を定期的に飲ませるのは大変なので、これを混ぜて一つの商品にしてしまえば、手間は省けます。成分表を見比べながらどの時刻にどれを飲ませるか考える必要はありますが、それでも2・3種類ですみます。そういう風に使えるのがブレインチャイルド社の Spectrum Support です。

成分で注意が必要なのはアルファリポ酸とMSMです。水銀をキレートして脳を出入りするので、夜中でも2・3時間おきなど、きちんと時間を決めて飲ませる必要があります。キレート剤を投与する時刻にはリポ酸の入っている Spectrum Support I^ を使い、キレート剤を投与しない時刻にはリポ酸の入っていない Spectrum Support II を使うという組み合わせを実施している親のかたもいます。MSMもわずかですが水銀を動かす可能性があるので、個人差もありますが、MSMの入っていないMegaMineralsや Ultrasensitive Formula を選ぶ人もいます。



posted by iRyota at 07:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 生化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルファリポ酸自体は有益無害な栄養素ですが、水銀を挟み込んで動かすキレート作用と、脳を出入りすることが動物実験で確認されています。アマルガムのある人が使用するばあいロシアン・ルーレットになる可能性もあります。水銀中毒の人が使用するばあい、投与方法に注意しないと、水銀を脳へ送り込んでしまうこともあります。適切な方法で投与すれば、水銀を効果的に排出できます。銅の排出を抑えるので銅中毒の人にも危険です。勿論、アマルガムがなく水銀中毒や銅中毒でもない人が使用する分には何の危険もありません。
Posted by iRyota at 2005年04月01日 17:20
Posted by at 2005年10月20日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2702405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

アルファリポ酸
Excerpt: アルファリポ酸について BODY { BACKGROUND : #FFFFFF; MARGIN : 0PX; PADDING..
Weblog:
Tracked: 2005-04-01 00:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。