2006年05月31日

タイム誌の特集: 自閉症研究の全体像

Timeアジア版5月29日号に載った10頁の自閉症特集から、本文6頁にわたる "Inside the Autistic Mind" [自閉症の頭の中] を簡単に紹介します。

知能の発達に著しい遅れがあると考えられていたハンナさんがFCによって筆談をするようになった例が冒頭で紹介されていることは既に申し上げたとおりです。コンピュータで文章を書けるようになったハンナさんは予想外に高い知能を持っていることが分かり、今では高校レベルの生物学を学んだりしているそうです。ただし、FCは "controversial" な、つまり賛否両論のある方法であることも記事は認めています。

そのあとは、自閉症研究における近年の成果を要領よくまとめています。カナー報告から始まり、冷たい母親のせいという誤解、昔は非常に珍しい存在だったのに対して最近では166人に一人という率にまで増え、環境因子も否定できないこと、色々なサブタイプがあり、遺伝を含めて原因も様々であるらしいこと、そして、脳について発見された特徴などに触れています。3月に発表されたチメロサールの免疫毒性に関する研究にも触れており、水銀との因果関係は否定していません。ただし、水銀も様々な環境因子の一つに過ぎないし、遺伝的な素因も色々あるだろうという研究者の言葉を引用しています。早発型、後発型、消化器症状を伴うタイプ、免疫異常やてんかんを伴うタイプ、母親の血液検査で予想できるタイプと、発症を防ぐ可能性など、これからの自閉症研究が多方面に分かれて行きそうな傾向がうかがえます。

脳については、乳児期に前頭葉が急に大きくなること、特に白質が多く、炎症を伴っていること、間脳が小さく、脳内のある場所から別の場所への連絡が難しいこと、amygdala [扁桃体] が大きいため不安を感じやすいこと、海馬が非常に大きく記憶力が優れていること、小脳に白質が過剰で運動神経の制御が難しいことなど、図解入りで分かりやすく説明してあります。脳全体をつなぐ遠距離回線が不充分で、地域的な回線が過剰にありますが、これが自閉症の原因なのか、それとも結果なのかは、まだ分からないそうです。頭が急激に大きくなる傾向は女の子の方が強いそうです。

こういった研究と、自閉症者自身の著作などを照らし合わせて分かってきたこともあります。たとえば、儀式的な行動を繰り返すのは、自閉症の感覚特性によるものです。その一方で、他者への共感が乏しいのは感覚や認知の結果によるもので、適切な教育によって克服できる可能性もあるそうです。

Claudia Wallis. "Inside the Autistic Mind" Time, Asian edn. 29 May 2006. Pp. 34-40.
http://www.time.com/time/archive/preview/0,10987,1191843,00.html

41頁以降は、別の見出しで、教育的介入についての記事が続きます。
posted by iRyota at 19:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

TIME誌の自閉症特集
Excerpt: これもちょっと話題遅れかもしれませんが、TIME誌が自閉症の特集をしたようですね。 表紙も自閉症児で、けっこう大きい扱いのようです。記事は以下のように3つに分かれているようですが、本文にご興味のある..
Weblog: お父さんの[そらまめ式]自閉症療育
Tracked: 2006-06-08 16:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。