2006年03月08日

MMRは危険?: 英国政府の元主任が告発

MMRワクチンが自閉症を引き起こすことは証明されており、政府はきちんと調べようとしないでいる、という発言を、英国保健省で主任科学官だった人物が行なったと言う記事が2月4日の『デイリー・メール』紙に載りました。ピーター・フレッチャー博士は、医薬品などを英国政府が認可する際に責任者となる立場の人物でしたが、退職してからMMRワクチン被害の訴訟に専門家として証言することを依頼され、何千もの資料に目を通しました。そして、このワクチンが一部の子どもたちに脳損傷を引き起こす可能性があるという証拠が世界中で着々と集められていることを知ったと言います。

さらに、英国やいくつかの国で影響力のある人たちが、自分たちの責任を隠すために可能な限りのことをしているとまで言っています。自閉症と診断される子どもの数が英国で10倍に増えたのも、診断基準の変化や発見率の向上だけでは説明できないそうです。

フレッチャー博士は、MMRワクチンの接種が英国で始まる前に行なわれた安全性の調査が不十分だったという発言を2001年にもしています。親たちの訴訟に対する資金援助が2003年に打ち切られたことも、大変にひどい行為だとも言います。

これに対して、MMRワクチンには抜きん出た安全性の記録があり、接種しなかった子の集団に比べて自閉症の発症率は高くないというWHOを発表を引用して、英国保健省は反論しており、そのことは記事の終わり近くで手短に述べられています。

以上、『デイリー・メール』紙のネット版で閲覧できる記事をもとにまとめました。

"Former science chief: 'MMR fears coming true'."

posted by iRyota at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MMRワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。