2006年02月15日

追加: てんかん発作を減らすダイエット

ケトジェニック・ダイエットについてさらに調べてみたところ「ケトン体食療法」で検索すれば日本語でもかなりの情報が得られるということが分かりました。続けるのが大変な方法であることも分かりました。

メリル・ストリープさんが母親の役で主演している映画の存在も分かりました。日本語の題名は『誤診』です。

英語の情報は下記の頁が比較的よくまとまっている様に思えます。印象に残ったのは、さまざまなタイプのてんかんでも、このケトン体食療法が効果的なのはレノックス・ガストー症候群と呼ばれるタイプであることです。

"It is particularly recommended for children with the Lennox-Gastaut syndrome. . . ."



追跡調査の論文も無料で閲覧できることが分かったので、近いうちに読んでみるつもりです。
posted by iRyota at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 生化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iRyotaさん、

ケトン食療法を取り上げてくださって、ありがとうございます。

以前、息子の難治てんかんで発作の抑制が困難な期間、国内の資料は本やネット検索で目を通していました。

主治医にもこの療法をする価値があるのか?と聞いてみましたが、
「とても厳しい食事制限で、成功しているのは(継続して実行できるのは)、患者の親が看護士や管理栄養士くらいではないか。まず、てんかん薬であらゆる方法を試すのがいい。なぜ効果があるのか判っていないが、古くからある療法。」ということでした。

結局、日本ではやはり薬物治療が最優先でもっとも効果的ではないか、というお話でした。
その頃の私は、てんかん薬の怖さ(副作用や中毒性)も知らず、納得して終わりました。

今回、海外ではどのような論文・報告があるのか、とても関心が湧きました。

また、何か有益な情報等あれば、お教えください。
よろしくお願いします。
Posted by だこー at 2006年02月27日 20:31
お待たせしています。ケトン食療法の論文、そしてケトン食より実行しやすいアトキンス・ダイエットについてジョンズホプキンス大学で行なった調査の報告を、近いうちに紹介します。
Posted by iRyota at 2006年02月28日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13324063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。