2006年01月19日

誤って別の薬を投与した?: キレーション中の死亡事故

昨年夏に起きたキレーション中の死亡事故について、CDC鉛中毒予防部門の医師が死後解剖の報告書を読み、名前も見た目も良く似た別の薬を投与したことが事故の原因に違いないと言っています。

以下は1月18日の『ピッツバーグ・ポスト・ガゼット』紙に載った記事からの要約・抜粋です。米国における医療部門の監督官庁であるCDCには鉛中毒予防部もあります。この部署で主任をしているメアリー・ジーン・ブラウン博士によれば、EDTAと呼ばれる薬には2種類あるそうです。EDTA2ナトリウム (Disodium EDTA) とEDTAカルシウム2ナトリウム (Calcium Disodium EDTA)で、どちらも無色透明、匂いもないそうです。薬品としての一般名 (ジェネリック名) はVersinateとEndrateです。

死亡した男の子の血液検査ではカルシウムの値が5ミリグラムと異常に低く、これはEDTA2ナトリウムによって血液中のカルシウムが奪われた結果だと考えられます。

ブラウン博士によれば、同じ間違いによる死亡報告が2件あるそうです。テキサスで鉛中毒の治療として行なっていたキレーション中に亡くなった2歳の女の子と、3年前にオレゴンで動脈硬化の治療として行なっていたキレーション中に亡くなった成人女性の例です。血液中のカルシウム濃度は7から9ミリグラムが正常範囲ですが、この2件ではどちらも5ミリグラム未満でした。

鉛中毒の治療に使われているEDTAカルシウム2ナトリウム、別名カルシウムEDTAは、血液中のカルシウムをキレート排出させないそうです。

キレーションの臨床的な有効性は鉛中毒以外の症状に対して証明されていないけれども、適切な方法で行なえば無害であるともブラウン博士は言っています。EDTA2ナトリウムをキレーション治療に使うべきではないという警告は医師たちのあいだでよく知られており、今回も誤って投与した結果に違いないそうです。

ただし、死亡した男の子にキレート剤を投与していた医師からの確認は取れていません。

今回の記事では、鉛中毒やさまざまな疾患の治療として行なわれ、最近は自閉症児に対しても行なわれているキレーションに深刻な危険が伴うわけではないにせよ、自閉症に対するキレーションの有効性が証明されたわけでもないと述べています。

http://www.post-gazette.com/pg/06018/639721.stm
posted by iRyota at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 重金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11907744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。