2006年01月18日

死因はやはりキレート剤か?

2005年の8月、ナイジェリア出身で英国に住んでいた5歳の自閉症児 (男子) が米国でキレーション中に死亡したことを報道したペンシルヴェニア州の新聞が、年明けに死後解剖の報告を載せました。

2006年1月6日の『ペンシルヴェニア・ポスト・ガゼット』紙に載った記事によると、ペンシルヴェニア州アルゲニー郡の副検屍官が死後解剖を行ない、静脈に注入されたEDTAが脳の酸欠と心臓の損傷をもたらしたと判断したそうです。[EDTA→心臓停止→脳の酸欠ということでしょうか。] 死後解剖、細胞組織と血液の検査から総合的に出された結論として、確認された症状とEDTAに直接の関連があると検屍官は言っています。

この報告では、今のところ自然死でも自殺でも他殺でもなく、事故死に分類されていますが、今後の調査結果で位置づけが変わる可能性もあるそうです。

今回の記事でも、キレーションは自閉症児の効果的で安全な方法だと主張する親たちが沢山いることと、キレーションはインチキだと意見との両方を載せています。



この事件に関しては1月18日付けで、また新しい展開を見せています。これも近いうちにお知らせします。
posted by iRyota at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 重金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。